MENU
ENO
宇宙工学出身ガジェットブロガー
ガジェットに命を注ぐ26歳。
かゆい所に手が届くレビューをします。
デスク環境を育てるのが趣味。
カメラはX-S10を使っています。

■経歴
工学部 機械・航空工学科 卒業
大学院で航空宇宙工学を専攻
2020年大学院在学中にブログを開設
本業はシステムエンジニア

骨伝導とは違う! 空気伝導ワイヤレスイヤホンMu6 Ringをレビュー

アイキャッチ画像

こんにちは。

家では常に音楽を流しているENO(enoki_space)です。

みなさん、空気伝導イヤホンって知ってますか?

骨伝導イヤホンじゃなくて?

ENO

骨伝導とはまた違うんです

骨伝導とは全くメカニズムが違うので、骨伝導イヤホンとはちょっと違った使い方になるのです。

少し変わったスタイルのワイヤレスイヤホンを提供していただけることになったので、レビューしていきます。

空気伝導ワイヤレスイヤホン『Mu6 Ring』の紹介・レビュー記事です。

6/18~6/20まで現在Amazonでセール中!

本記事の内容

Mu6 Ringってどんなイヤホン?

簡単に言うとこんなイヤホン

簡単に言うとこんな特徴を持ったワイヤレスイヤホンです。

  • 耳の近くでスピーカー再生するような空気伝導型のイヤホン
  • 骨伝導よりは音漏れがする(そういうものなので仕方ない)
  • 耳を塞がないので環境音も聞こえる
  • 通話も可能

空気伝導型のイヤホンとは、耳元で音を出して空気を伝って音が聞こえるタイプのイヤホンです。

なので、頭蓋骨を振動させて音を伝える骨伝導イヤホンとは仕組みが全く違います。

骨伝導と空気伝導の違いを正確に言うとこんな感じ。

骨伝導と空気伝導の違い
  • 骨伝導:こめかみ付近から頭蓋骨に振動を伝え、内耳に音を届ける
  • 空気伝導:耳の近くで指向性のあるスピーカーが空気を介して、鼓膜に音を届ける

要は、空気伝導は耳の近くにスピーカーがあって音を流している感じです。

なので骨伝導よりは音漏れがします。これはこういう作りなので仕方がないです。

どのくらい音漏れがするのかについて、後ほどiPhoneのスピーカーで例えながら解説します。
こちらをタップでジャンプ

外観・スペック

Mu6 Ringの外観や仕様、機能などについてまとめて紹介します。

まずは外観から

Mu6 Ring 俯瞰
こんな感じの見た目です

ちょっと光を当てすぎたので、実際には↑の写真よりももうちょっと暗くてかっこいい色です。

裏から見た感じ
裏から
右から見た感じ
右から

ーボタンで音量ダウン、「前の曲へ」ができます。
反対に+ボタンでは音量アップ、「次の曲へ」ができます。

真ん中の〇ボタンは、

  • 長押し:電源オン/オフ
  • 1回押し:一時停止/再生、電話に出る/切る
  • 2回押し:Siriを呼び出す

ができます。

左から
通常時
通常時
先を曲げた状態
聴くときはこうする
スピーカー
指向性スピーカー

ここから音が出ます。
先を曲げると、耳もとにこのスピーカー部分が来る感じですね。

スペック・機能について

メーカーMu6
バッテリー方式充電式
(Micro-USB)
バッテリー容量190 mAH
(約10時間連続再生可)
フル充電時間1時間30分
デバイスとの接続Bluetooth 5.0
サイズ15.7×12.1×2 cm
重量35 g
スペックなど一覧
ENO

充電はめっちゃ長持ちですね。

通話可(マイク内臓)
音量変更-ボタン、+ボタンで可
曲変更-ボタン、+ボタン長押しで可
Siri呼び出し
機能一覧
ENO

もはやこの辺の機能は必須ですよね

使ってみて良かったところ

メガネくらい軽い

重さはなんと35g!

開封して軽すぎてびっくりしました。装着感はメガネをかけているくらいの感じです。

500円玉が5枚分くらいの重さですね。

このイヤホンは耳の上にかけるタイプなので、重さで耳が疲れる心配はないですね。

ちなみにAirPods Proのケースだけでも45.6 gあるらしいです。[※1]

このイヤホンはAirPods Proのケースよりも10g以上も軽いのです。

ENO

イヤホンに軽さは正義です。

指紋の付きにくいマットな質感

俯瞰

表面はさらさらしている感じで気持ちいいです。

イヤホンってよく手で触るものだから、指紋が付きやすいとストレス溜まりますもんね。

「触っていて気持ちがいい」は意外と大事です。

付けていても外からはわかりにくい

耳を塞ぐタイプではないので「イヤホンを付けてる感」はあまり無いです。

それに加えて、髪の長さにもよりますが髪に隠れるので目立ちません。

走ってもずり落ちない安定性

Amazonの公式ページで「スポーツ用」と謳われているだけあり、多少激しい運動をしても落ちることはなさそうです。

ランニング用のイヤホンとしてピッタリなのではないでしょうか。

この安定性は、頭にしっかりとホールドしてくれるところにあると思っています。

通常時
広げた時

写真の通り、伸びがすごいです。
手で軽く広げるだけでここまで広がるくらい柔らかいので、しっかりと頭の形にフィットして落ちないのだと思います。

しかも超軽いので。

この辺の使い方は後ほどまた解説します。

使ってみて気になったところ

長時間付けていると耳が痛くなる

耳の上に若干触れているので、3時間くらい連続で付けているとちょっと耳の上の部分が痛くなります。

耳に触れる部分がゴムなどの柔らかい素材になっていたらもっと良かったですね。

ただこれは付け方や耳の形によって個人差はあると思うので、一概には言えないかもしれません。

ENO

耳に優しい素材に改良されることを期待

音質はふつう

耳の中に直接音を届けるタイプではないので、高音質というわけではないです。

かといって音質が悪いわけでもなく、音質に関しては良くも悪くもないといった感じです。

Proじゃない方のAirPodsとか、iPhoneに付属していたApple純正のイヤホン(EarPods)の音質くらいです。

EarPods
iPhoneに付属していたEarPods

もしくはあれよりちょっと良いくらいでしょうか。

デメリットみたいに書いてしまいましたが、高音質を求めている人にとってはがっかりするかもしれないのでそうしました。

ENO

ちなみに私自身はこの音質めっちゃ満足してます。

こんな人におすすめ

耳に入れるタイプのイヤホンは嫌だ!っていう人

耳を塞ぐタイプは、耳の中が蒸れて気になりますよね。
菌も繁殖してるっていうし…。

耳の中への音の伝わり方の違い
普通のイヤホンとの違い [※2]

上の画像はMu6 RingのAmazonページの画像です。

画像の上のようなカナル型のイヤホンだと、耳の中が密閉されて菌が繁殖し放題な状態になってしまいます。

Mu6 Ringは何度も言っているように耳を塞がないタイプのイヤホンのため、耳が蒸れることからおさらば

家の中でイヤホン使って音楽聴いてると耳が蒸れて嫌なんだよな……。
かといってヘッドホンは高いし、スピーカーは音が周りに聞こえて嫌だし。

という人にはぴったりなのではと思います。

骨伝導ってちょっと怖いよね…っていう人

まあ、気持ちはちょっとわかります。

骨伝導イヤホンって、耳をふさがないから使いやすそうだけど、骨を振動させて音を伝えてるって本当…?
それ体に悪影響とか無いの…?大丈夫なの?

っていう人にはこの空気伝導イヤホン、おすすめです。

安心してください、Mu6 Ringは頭蓋骨を振動させたりしません

耳の近くで指向性のある小型のスピーカーが音を鳴らし、耳が空気を介して音を拾うだけです。
何も危険なことはありません。

ENO

まあ、骨伝導も別に危ないものではないんですけどね

環境音も聞こえる状態で音楽を楽しみたい!っていう人

例えば、

家事をしながら音楽を聴きたい。
でもカナル型とか耳に入れるタイプのイヤホンだとピンポン鳴ったことに気づけないし…。家族に呼ばれたときに気付けないと困るし…。

みたいな人にはおすすめです。

耳がガラ空きで、音楽を聴きながらでも周りの音がしっかり聞こえるので。

私は一人暮らししているのですが、だいたいいつも音楽を聴きながら生活をしているんですよね。

デスクで作業したり、洗濯物取りに行ったり、場所をよく移動するのでどこでも聴けるようにしたいのです。

普通のイヤホンだとずっと付けていると耳が蒸れるし疲れるしっていうので、結局iPhoneのスピーカーで流したりすることが多くなります。

Mu6 Ringに出会ってからはこれを付けて家の中をウロウロしています。そんな感じで使っています。

ENO

気軽にパッと頭につけて家事をするのが気持ちいいです

ランニングしながら音楽を聴きたい!っていう人

ランニングなどスポーツをしながらのイヤホンとしては本気でベストだと思います。

Amazonの商品ページでもスポーツ向けということがちゃんと謳われていますね。

Mu6 Ring Amazon画像
公式でもスポーツ向けと言われています [※2]

試しにこれを付けて軽く走ってみたのですが、全くずり落ちそうにありませんでした。

なにせ、ボディーが柔らかくホールド力がしっかりとあるんですよね。

Mu6 Ring Amazon画像2
こんなに曲がるらしいです [※2]

これ本当か?と思って実際にやってみたらまじでここまで曲がりました。

Mu6 Ringを曲げてみる
写真通りに曲げてみた

骨伝導イヤホンってこめかみ部分に振動する箇所を当てて、頭蓋骨に音を伝えているのですが、

走ったり運動しているとそれがふわふわして聴こえづらくなったりしないのですかね?

すみません、骨伝導イヤホンを付けて運動したことが無いのでわからないのですが、今度やってみます。

仮にそうだとしたら、ランニングなどのスポーツには骨伝導よりも空気伝導の方がちゃんと音が聞こえて安定しそうな気がしています。

逆にこんな人にはおすすめしにくいかも

おすすめしにくいのはこんな人です。

  • 音漏れは絶対にしたくない人
  • 低音もバッチリな高音質で音楽を楽しみたい人

そんな人は次のような選択肢を検討するといいかもしれません。

音漏れは絶対にしたくない人へ

少しでも音漏れを抑えたいなら骨伝導イヤホンの方がいいかもしれません。(骨伝導でも音漏れはします)

それか1ミリも音が漏れたくないような人はおとなしくカナル型イヤホンを買いましょう。

低音もバッチリな高音質で音楽を楽しみたい人へ

超高音質で音楽を聴きたいなら、SONYなどの良いヘッドホンを買いましょう。

骨伝導や空気伝導イヤホンにそこまでの高音質は求めないでください。

ただ、外音取り込み型のイヤホンに匹敵する、いやそれよりも少し良いくらいの音質は保証します。

よくある質問

どのくらい音漏れする?

スマホで50%の音量で設定して再生すると、

「音量1段階の音をスマホのスピーカーで流しているくらいの音」が漏れる感じです。

音量50%
Mu6 Ringの音漏れチェック

||

音量1段階
iPhoneスピーカーで再生している様子

上の写真の状況で聞こえてくる音量と、下の状況で聞こえてくる音量がだいたい同じくらいです。

と言えば伝わるでしょうか……?

骨伝導とは違うの?

違います。

耳の近くに指向性のあるスピーカーがある感じです。

骨伝導イヤホンは頭蓋骨に振動を伝えるタイプのイヤホンです。

まとめ

俯瞰

Mu6から発売されている「Mu6 Ring」という空気伝導ワイヤレスイヤホンをレビューしました。

骨伝導との違いは、

  • 骨伝導:こめかみ付近から頭蓋骨に振動を伝え、内耳に音を届ける
  • 空気伝導:耳の近くで指向性のあるスピーカーが空気を介して、鼓膜に音を届ける

でしたね。

要するに耳の近くで指向性スピーカーを鳴らしている感じです。

空気伝導イヤホンは、骨伝導イヤホンよりも少し音漏れがするので、自分がどっちに合うか判断してから選ぶとよいでしょう。

個人的には、ふとした時に家の中でパッと頭につけて音楽を楽しむのにぴったりだと思いました。
あとはランニング用のイヤホンとしてもですね。

ちなみに色は2色あって、今回紹介したダークブルー以外にもレッドがありますよ。

【Amazon情報】
6/18~6/20まで現在Amazonでセール中!買うなら絶対に今がお得です

【Amazon情報】
さらに今ならこの記事から購入すると、1000円オフの限定クーポンが使えます!
セール中でも大丈夫です。
Amazonでの購入時にお使いください。

ダークブルーのクーポン:tsblue1000
レッドのクーポン:tsred1000
(2022/7/31まで有効)

【Amazon情報】
通常価格 8,580円 → セール価格 6,864円
→ クーポンを使用すると5,864円(ダークブルー)で購入できます。

【楽天情報】
2000円オフのクーポンを以下から獲得できます。
https://coupon.rakuten.co.jp/getCoupon?getkey=VzJUQy1LRTVULUtaRFUtRjNQSg–&rt=
(クーポンコード:KE5T-W2TC-KZDU-F3PJ 2022/7/31まで有効)

通常価格 8,580円 → セール価格 6,864円
¥8,580 (2022/10/02 23:57時点 | Amazon調べ)

それでは。ENOでした。

enoki_space
enoki_space

出典・引用元

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ENOのアバター ENO 宇宙工学出身ガジェットブロガー

本業はSEのガジェットブロガーです。
大学院で宇宙工学を専攻していました。ガジェットスペースの「スペース」はその意味も含んでいます。
ロマンに溢れるようなデスク環境を育てています。

本記事の内容
閉じる