MENU
ENO
宇宙工学出身ガジェットブロガー
ガジェットに命を注ぐ26歳。
かゆい所に手が届くレビューをします。
デスク環境を育てるのが趣味。
カメラはX-S10を使っています。

■経歴
工学部 機械・航空工学科 卒業
大学院で航空宇宙工学を専攻
2020年大学院在学中にブログを開設
本業はシステムエンジニア

Canon EOS Kiss M2とSONY α6000はどちらがいいのか?

【Canon EOS Kiss M2とSONY α6000で迷っている話】タイトル

購入するミラーレス一眼カメラに悩んでいる話をする.

最近,本格的に写真を始めたくてミラーレス一眼カメラを買おうかと悩んでいる.

私は元々夕日の写真を撮ることが好きで,どうせならもっと良い写真を撮りたい.
夕日以外も撮りたい.

だけどあんまり高いカメラは手が出せない.

そこで目をつけているのがミラーレス一眼カメラ

一眼レフに劣らないほどの性能を持ちつつ,
一眼レフに比べてコンパクトで持ち運びがしやすく比較的安価であるミラーレス.

これだ.欲しい.
けどどれを選んでいいか迷う…

Canon,Nikon,SONY,FUJIFILM,OLYMPUS…
いったいどれを選んでいいのか全く分からない.

全くのカメラ初心者の私は色んな記事や動画をあさって調べた.

その結果,
だいたい同じくらいの値段で,同じくらいの性能で,同じくらい最初の一機として選ばれる,
次の2機に絞ってみた.

  • Canon EOS Kiss M2
  • SONY α6000

この記事ではそれぞれの特徴について書いていこうと思う.
尚,この記事では徹底解説などではなく筆者の感想がメインである.

本記事の内容

Canon EOS Kiss M2

Canon EOS Kiss M2公式サイト

CanonのEOS Kissシリーズのミラーレス一眼カメラ,エントリーモデル.

「最初の一機」に多いシリーズ

どうやらこのシリーズのカメラで写真を始める人はとても多いらしい.
色々なフォトグラファーが,
「最初に買ったカメラはEOS Kiss Mでした」
と口をそろえてプロフィールなどに書いているのをよく見た.

また,カメラ初心者にとって使いやすく最初の一機としては申し分ないようだ.

使いやすさ

何と言っても,Canonのカメラは基本的にとても使いやすいらしい.
まるでスマホのように簡単に操作でき,スマホへのデータ転送などもWi-FiだけでなくBluetoothにも対応しているなどの点が魅力的だと思った.

また人気の理由の一つにバリアングル液晶という,液晶画面が回転できて
カメラのレンズ側からも画面が見える構造があるようだ.
(自撮りが簡単にできるらしい)

画像引用元:https://cweb.canon.jp/eos/special/kisssp/kissm2-feature/selfie/

私はとりあえずいい具合の値段で良い写真が撮りたいというのがあるので,
使いやすさよりも性能を重視したいと思っていたが,はやり使いやすさも重要なのか…

見た目は可愛いフォルムをしているような印象を受ける.
おしゃれなカメラという感じでとても魅力的だ.

値段について

値段は本体だけで7~8万円くらい?
レンズを合わせると10万とか11万くらいだろうか.
なるべく合わせて10万以内には押さえたいところ…
前モデルのKiss Mも考慮に入れたい.

SONY α6000

SONY α6000 公式サイト

EOS Kissシリーズからカメラを始めたと言う人の次によく見たのは,
このSONYのα6シリーズがおすすめだという意見だ.

とりあえず間違いは無さそう

ミラーレスに限らず,CanonのEOSシリーズからSONYのものに乗り換えたなどの声はよく見られた.
「α6シリーズに間違いはないですね!」などの声も.

写真を覚えていった人がSONYに乗り換えていく人が多いのなら最初からSONYを選んでおけば間違いはないのでは…と思う.

使いやすい機能

十分分かりやすい操作ではあるが,ときたま複雑な操作を要するといった声も見られた.
Canonのカメラにははやり使いやすさの点では劣るような印象だ.

その他の性能

詳しい性能の差までわかるわけではないが,
なんとなく調べていてSONYの方が全体的に性能が良いような印象を受けた.

こちらのはCanonのバリアングル液晶と違って,
チルト可動式液晶と言って反対側までは回らないらしい.
しかし角度を変えることはできて色々な体勢でも撮れるようだ.

画像引用元:https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6000/feature_4.html

私は自撮りのような用途では使いそうにないのでここは特に気にならなそう.

あと少し気になったのはWi-Fiのデータ転送には対応しているがBluetoothには対応していないということ.
もう少し調べる必要があるが,Wi-Fiのみでも特に問題ないのだろうか?
(ルーター経由でしかデータ転送ができないような印象を受けてしまった)

またSONYの方がレンズの種類が多くて自由度が高いという情報も見て,魅力に感じた。

見た目について

高い買い物ほど,愛着も大事な要素だと言う.
見た目は最初Canonの方が好きかもしれないと思っていたのだが,
調べていくうちにSONYのカメラの「ガジェット感」の強い見た目にも惹かれていった.

値段について

値段は本体だけで5.5万円くらい?
本体だけだとKiss M2より安いようだ.
レンズと合わせて10万いかなそうなので予算的にもちょうどいいかも.

まとめ

2機の特徴についてまとめると以下のようになる.

Canon EOS Kiss M2

  • とにかく使いやすい
  • Wi-Fi, Bluetoothによるデータ転送が可能
  • バリアングル液晶 ⇒ 自撮りが簡単
  • SONY α6000に比べるとレンズの種類が少ない
  • 可愛くておしゃれな見た目な印象
  • 本体の値段は7~8万円くらい

SONY α6000

  • 全体的に性能面で文句は無さそう
  • Wi-Fiによるデータ転送のみ可能
  • チルト可動式液晶 ⇒ 自撮りは難しい
  • レンズの種類が豊富
  • ガジェット感があってクールな見た目な印象
  • 本体は5.5万円くらい

あくまで私が着目した観点での比較だし,何よりカメラ素人なので見方が間違っているところもあるかもしれない.
これからもう少し調べて後悔の無い買い物をしたい.

今のところ,自分の中では,

SONYのα6000が優勢かな…

という感想だ.

もしこの記事が気に入ったら、↓のボタンをポチっと押していただくと励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

それでは。ENOでした。

enoki_space
enoki_space

【Canon EOS Kiss M2とSONY α6000で迷っている話】タイトル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ENOのアバター ENO 宇宙工学出身ガジェットブロガー

本業はSEのガジェットブロガーです。
大学院で宇宙工学を専攻していました。ガジェットスペースの「スペース」はその意味も含んでいます。
ロマンに溢れるようなデスク環境を育てています。

本記事の内容
閉じる